国立市、うつと腰痛に特化した、技術のニコス堂鍼灸院
         
コンテンツ   スマホページ
 
研究会の講義
 

 
枳竹鍼房
巨刺は互刺の誤り、メースの解剖学
鷗外の妻、森しげ傳記
 
 
 
 

 

 

ニコス堂鍼灸院の休診日は、この11月31日(日)から日曜日になります。
日曜にご来院の方は、ご注意くださいますようにお願い申し上げます。

 
野口整体・プルニエ

「野口整体 プルニエ治療室」
9月21日(火)開院
042-571-1202
国立市富士見通り中ほど
国立市中1丁目18−32 フェスト国立 2F

https://prunier-seitai.com/

土曜・日曜・祝祭日は基本的に休診ですが、急患の場合はご相談ください。

 

 

施術者紹介

吉野 隆子(よしの たかこ)
多忙だった会社員時代、心身のメンテナンス方法を模索する中で
野口整体に偶然出会う。その思想と技術に心惹かれ、治療を受ける傍ら勉強会へも参加するうち、 ”自分が本当に良いと思えることを仕事にしたい”と考えるようになる。
その後、十数年の会社勤めを辞し、独立開業のための国家資格を取得。
マッサージ業で人の体を診る経験を積み、念願の野口整体の治療室を、この秋オープン。

  治療は国家資格を有する女性鍼灸・マッサージ師が行います。10年にわたって野口整体を研究している整体師ですので、施術のあとには的確な結果を出すことができます。
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。
 
ニコス堂鍼灸院
   
 

< 第四波、第五波を迎えて >

新型コロナ・ウィルスは100年前のスペイン風邪とおなじように、変異種をつくりながら流行の力を強めています。このような災厄に見舞われるのも、何十年か後にふり返ってみれば、人間にとって意味の見出せることなのでしょう。

しかしながら、こうしたプレッシャーがかかり続けると、ウィルスに感染しなくとも私たちの身体は異常を来たし始めるようで、私自身も歯周病に陥ってしまいました。また体のあちこちの関節が痛みますが、これも抑鬱の結果なのではと思っています。

さて昨年、政府からは「新しい生活様式」という指針が提示され、この指針は現在、私たちの生活にすっかり定着してしまったのか、あるいはすっかり忘れ去られてしまったのか、はたまたすっかり馴染んでしまったので、気にもとめなくなったのか、判断に苦しむところですが、感染拡大から500日が経とうとしている現在でも、この地味な生活態度は重要なのではないでしょうか。

ここに繰り返すことも冗長なことのようですが、あらためて繰り返したいと思います。

1. 治療の時間は、1時間に1人、40分程度としています。症状が二つ程度の患者さんであれば40分で十分な治療ができます。

2. 手洗い・・・治療院の洗面台に、石けん、ペーパータオル、紙コップが備えつけてあります。ベッドサイドのハンドサニターも、ご活用ください。

3. マスク・・・治療中もマスクは着用してくださいますように。

4. 換気・・・常時、換気扇を作動させています。

5. 身体的距離の確保・・・治療者と患者様の間については、難しいところがありますが、患者様どうしが対面・接近することのないようにしています。

6. インターバルの時間は、ベッド、およびベッド・サイドの消毒・除菌などに充てられます。

治療着は、可能であればご持参ください。

目下、新型コロナ・ウィルスにたいするワクチン接種が始まっていますが、国中に行き渡るまで、続けられなければなりません。ぜひご協力をお願いいたします。

 
枳竹鍼房
医古典と森立之研究のための
新サイトです

・2020年・21年に立之の墓参をした成果として、東京の森氏一族の墓を紹介しています。
・森立之の墓は、未詳1字が判明し、すべて解読できました。

 
 

ニコス堂鍼灸院の特色は、第一に優れた技術です。 鍼による全身調整の力と、患部に確実に響く鍼で、患者様の治療に役立っています

   
 

●優れた技術

ニコス堂の技術的な成果は、折々にHPに更新しています。迷走神経・反回神経麻痺の治療、腸間膜静脈のうっ血、脳梗塞の後遺麻痺、胆石痛の治療などは、後進の治療家のために役立っており、こんな症状が、こんなに簡単な治療で治るのかと、患者さんに喜ばれています。 詳しくは
   
 

●経験と実績

鍼灸の本質は、患部に剌す鍼よりも、その前に全身を整える軽い刺激の鍼にあります。この鍼は手足に刺して、背中をゆるめたり、お腹の血流を改善したりします。つらい患部に鍼をするのは、その後のことです。
この全身調整の技術が「うつ」の治療や、かぜの治療につながって行きます。 実際に治療を受けると、一鍼ごとに自分の身体が変わってゆくのが分るでしょう。治療家が手の力をもって、患者さんの体を変えてゆく技術は、鍼灸が歴史に誇るものです。
   
 

●ひらめきのある治療とは?

腰の痛みがいつまでも治らない、五十肩の痛みが長びく、ということが簡単な治療で治ることがあります。整形外科的な治療をやめて、内科的な治療に切換えたときです。「五十肩」という名前が示すように、五十肩は更年期になって起こる症状ですから、肩関節の変形ではなく、更年期症状のひとつと考えると解決がつく場合があります。
また「うつ」の患者さんが、「うつ」の治療だけしても改善に時間がかかりすぎる場合があります。こんな時、身体の症状にアプローチすることで、「うつ」自体も改善を始めることがあります。 つづき
   
 

●土日、祝日も治療

「休みの日に開けてもらえるのは嬉しい」と患者さんによく言われますが、単に治療が好きなのです。
   
 

●ニコス堂マッサージ&お灸の教室

地域貢献の一環として三年前から取り組んでいる教室。現在のメンバーは6人です。皆さん、熱心な だけあって上達も早く、五行の相生・相剋関係を用いた腹部調整などということまで、指圧でできるようになっています。 
教室の予定

   
   
  ニコス堂鍼灸院のここに注目
 
ニコス堂鍼灸院には、毎週3,4人の「うつ」・メンタル治療の患者さんが通院しています。 ニコス堂鍼灸院の腰痛治療は、まず全身調整を大切にしています。全身調整ができていなければ、太く長い鍼をしても、帰宅してすぐに腰痛は再発します。 ニコス堂鍼灸院には、沢山のレアケースの治療例があります。東洋医学には、症状ごと、病名ごとの治療法というものはありません。東洋医学の基本を心得ていれば、たいていの治療ができるものです。
 

● 「うつ」の治療

鍼灸治療では、患部に鍼をする前にかならず全身の調整を行ないます。言ってみれば、身体の
「地ならし」ですが、これを脈と腹部のようすを見ながら行ないます。
治療としては、手足にごく軽い刺激の鍼をしますが、これでぐんと全身の様子が変わります。
この治療法こそが、「うつ」の不安感や恐怖感に対する特効法となります。
また、こうした鍼法こそが鍼灸医学の本質で、東洋医学的な考え方ができないと不可能な治療
法です。 専用ページ
「うつ」、メンタル系疾患に対する鍼灸臨床例

 

●  腰痛の鍼

「うつ」の治療が治療者の人格面を求められるのに対して、腰痛の治療では技術的な要素が強く
求められます。
しかし太い鍼、長い鍼を刺すだけが技術ではありません。ここでも「全身調整」が大きなウェイト
を占めます。手足に刺す軽い鍼だけで、腰痛の半分は改善します。  
 

●  難治・難症の治療

「反回神経麻痺による嗄声」「脂肪性肝炎」「婦人の陰部疼痛」といった鍼灸治療が可能になるのは、鍼灸を東洋医学的にとらえることができるからです。当院は「うつ」と腰痛治療を標榜していますが、真の東洋医学の知識があるということは、工夫次第でさまざまな疾患に対応できるということでもあります。


 

ニコス堂鍼灸院のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
 
恩師からは高い学恩を得ました。この学恩に応えるために、今では技術をこそ第一にしなければいけないと考えています

ニコス堂鍼灸院のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
私の恩師は、教壇に立つと真に威風堂々として、鍼の構えもどっしりとした先生でした。話の内容は、初学生にとっては魔術のようなものでしたが、それでも一流の教えというものはこういうものか、と感じさせるものがありました。私のような者にお辞儀をする際にも、言葉こそ「どうもどうも」といったものでしたが、両手の指先は伸びてズボンの縫目にぴったりと沿っていました。
あれから二十五年あまりが経ち、私も鍼の技術をこそ看板にしなければと銘ずるようになりました。それとともに、恩師から得た深い学恩に対しては、臨床の場で患者さんにお返しするしかないのだと考えるようになりました。
毎日の臨床を誠実に勤めることが、先生の学恩に応えることと考えて、日々の仕事に励んでいます。


 
治療日カレンダーとタイムスケジュール

 

 

≪11月≫

. 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 . . . .
. . . . . . .

※この11月から日曜日が休診になります。

 

 

電話は8:30から受けつけております

黒数字・・・・・・9:00~19:30
カーキ色・・・・・14:00~19:30
青数字・・・・・・9:00~11:00、
17:00~20:00
(研究会のため)
緑数字・・・・・・9:00~12:00
薄色・・・・・・・・・休 診

 

 

≪12月≫

. . . 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 .
. . . . . . .


 

 

 

≪タイムスケジュール≫

治 療 時 間
月 ・ 火 ・ 木 ・ 金 ・ 土
9:00~19:00
14:00~19:00
昼 休 み
12:00~14:00
休  診 
日 曜 日
電話は8:30から受けつけております。